iPS細胞のがん化リスク 研究者「正しい理解を」有料会員向け記事

クローズアップ科学

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った細胞を患者に移植し、治療を目指す臨床研究が始まってから5年が経過した。対象となる病気は、今年7月に大阪大チームが移植手術を実施した角膜疾患が3つ目で、当初の期待ほどは増えていない。その背景には、安全性に対する社会の懸念と厳しい審査がある。【続きを読む】

アイコンの説明

有料会員向け記事有料会員記事 無料会員向け記事会員(無料)記事

ピックアップ

ピックアップリスト