古森義久の緯度経度

中国の尖閣攻勢 米大手研究機関が警告

尖閣諸島周辺の海域に侵入が確認されている中国海警局の「海警2501」(海上保安庁提供)
尖閣諸島周辺の海域に侵入が確認されている中国海警局の「海警2501」(海上保安庁提供)

 中国艦艇による尖閣諸島の日本領海への侵入はあまりに頻繁すぎるためか日本側で官民の警戒が減ってきた。主要新聞の報道も外国の武装艦艇による重大な領海侵犯なのに雑報扱いである。この現状に対して米国の大手研究機関が警告を発した。このままだと中国は尖閣の施政権をすでに日本と共有した形となり、尖閣の奪取から東シナ海全体の覇権確保へと着々と進むことになる、というのだ。

 この警告はワシントンの安全保障研究の主要機関「戦略予算評価センター(CSBA)」が8月に作成した「インド太平洋での中国の多様な闘争」と題する調査報告書に明記されていた。「尖閣諸島への中国の威圧態勢」という報告がその主体だった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

緯度経度 記事一覧