加藤達也の虎穴に入らずんば

同盟壊す文政権の“信用されない力”

8月15日、韓国の天安で開かれた「光復節」式典で演説する文在寅大統領(共同)
8月15日、韓国の天安で開かれた「光復節」式典で演説する文在寅大統領(共同)

 往々にして悪口雑言(あっこうぞうごん)罵詈讒謗(ばりざんぼう)に過ぎるところはあるのだけれど、北朝鮮の語彙(ごい)力には日頃からうならされる。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が行った「光復節」演説を受け、翌8月16日に祖国平和統一委員会(祖平統)が出した報道官談話も、文政権の本質を突いていた。

 文氏は演説で南北対話のムードは揺るぎないと強調していたのだが、談話はこれを「妄言」で「ゆでた牛の頭も仰天して大笑いする話」と切り捨てた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

加藤達也の虎穴に入らずんば