東京特派員

湯浅博 鉄道マニアが教える「TX、瞬間的停電の背景」

開業時のつくばエクスプレス(参考)=2005年8月
開業時のつくばエクスプレス(参考)=2005年8月

 鉄道マニアこと「鉄ちゃん」というのは、実に妙なものに関心を持つものだ。ある日、論説委員室の鉄ちゃんの1人が(厄介なことに2人もいる)、つくばエクスプレス線の路線図を見せながら、こうつぶやいた。

 「この路線は茨城県の守谷駅を過ぎると、瞬間的に電気が途絶えるんですけど知ってます?」

 「ん?まさか」

 このリアクションがいけなかった。鉄ちゃんの得意げな顔はご想像のとおりだ。したり顔で「それはですね」と理由を得々と語り始めたのである。

 「そもそも電車というものは、直流か交流の電流方式で走るのですが、つくばエクスプレスの秋葉原側は1500ボルトの直流で走っています。ところが、秋葉原から40・7キロ付近で、突然、交流に切り替わる。で、この数秒間が交直切り替えのデッドセクションということになります」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください