阿比留瑠比の極言御免

記事論評 野党の変わらぬ強権体質

立憲民主党などの衆院会派の控室ドアに張り出された東京都内発行朝刊の政治記事=4日、国会
立憲民主党などの衆院会派の控室ドアに張り出された東京都内発行朝刊の政治記事=4日、国会

 子供っぽさと高圧的な姿勢は、政権担当時と変わっていない-。立憲民主党の安住淳国対委員長が4日、国会質疑の模様を伝えた同日付の新聞各紙のコピーに自らの論評を加え、国会内の衆院会派控室のドアに張り出したと報じた5日付の各紙朝刊を読み、旧民主党時代からの体質は相変わらずだと改めて感じた。

 それによると朝日、毎日両紙は「花丸」マークで読売は「ギリギリセーフ」、日経は「出入り禁止」「くず0点」、本紙はわざわざ各紙よりも下方に張られており、「論外」との評価だった。内心どう思おうと自由だが、野党第一党の幹部がこんなものを国会内に掲示するのを、その場で誰も止めなかったのか。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください