古森義久のあめりかノート

日本パワー体現する国民資産

ホノルル市内での柔道教室の様子を見守る井上康生監督=1月5日(共同)
ホノルル市内での柔道教室の様子を見守る井上康生監督=1月5日(共同)

 ワシントンで今の日本は、やはり中国発新型コロナウイルスの感染拡大についてもっぱら語られる。なぜ日本が中国以外で世界最多級の感染者を出したのかと批判的な論評が増すとともに、日本での活動を予定していた米側官民の人たちが訪日をキャンセルし始めた。

 首都でのそんな日本の曇天にほっとする晴れ間をもたらしたのが日本柔道家の中矢力氏の来訪である。73キロ級で世界選手権を2度、獲得した中矢氏は柔道の国際普及を目的とするNPO法人「JUDOs」(井上康生理事長)から米国との交流のためにワシントン地区に送られてきた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください