佐藤優の世界裏舞台

政治休戦が必要だ

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(手前から2人目)。手前は加藤勝信厚労相=2月27日午後、首相官邸(春名中撮影)
新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(手前から2人目)。手前は加藤勝信厚労相=2月27日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は2月27日、首相官邸で新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を開き、全国の小中高校や特別支援学校を3月2日から春休みに入るまで臨時休校にするよう要請する考えを表明した。さらに29日に会見を行い、こう述べた。

 「今回のウイルスについては、いまだ未知の部分がたくさんあります。よく見えない、よく分からない敵との戦いは容易なものではありません。率直に申し上げて、政府の力だけでこの戦いに勝利を収めることはできません。最終的な終息に向けては、医療機関、ご家庭、企業、自治体をはじめ、一人一人の国民の皆さんのご理解、ご協力が欠かせません。皆さんの暮らしに直結する決断には、当然、さまざまなご意見、ご批判が伴います。内閣総理大臣として、そうした声に真摯(しんし)に耳を傾けるべきは当然です。しかし、それでもなお内閣総理大臣として国民の命と暮らしを守る、その大きな責任を果たすため、これからも先頭に立ってなすべきことは決断していく。その決意であります」

 この発言からも、安倍首相が政治生命を賭して新型コロナウイルスとの戦いに取り組んでいることが伝わってくる。筆者は首相の政治決断を支持する。

 脅威は、ウイルスの感染力、致死率だけでは判断できない。新型コロナウイルスに感染し、死者が出たことを国際社会がどう受け止めているか、この感染症が国民の心理や経済に与える影響を総合的に評価する必要がある。その上で安倍首相が事態を危機的と判断したから、国が史上初の小中高校と特別支援学校の休校要請に踏み切ったのだ。