言葉のひと解き

正しく恐れる 想像力が防ぐ感染拡大 清湖口敏

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、マスクを着けて通勤する人たち=東京都中央区
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、マスクを着けて通勤する人たち=東京都中央区

 東京の地下鉄車内で30代前半とおぼしき2人の男性の会話を耳に挟んだのは2月中旬のことだった。どうやら飲み会をめぐる話のようで、「中止すべきじゃないか」「大丈夫。怖がることはない」「万が一にも感染したら周りに大迷惑だぞ」「東京の感染者の数なんて人口比にすれば微々たるもんだ」…そんなやりとりがしばらく続いた。

確率の誤解

 新型コロナウイルスの感染者は、その時点ではまだ東京都で20人、北海道でも2人にとどまっていて、実際に都の人口(1395万人)を基に東京での感染者の割合を試算したところ0・00014%ほどでしかなかった。数字の上では限りなくゼロに近い。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください