櫻井よしこ 美しき勁き国へ

暴かれた中国依存の脆さ

マスクを着用した女性が描かれた壁の前を歩く、マスク着用の男性=3月27日、香港(ロイター)
マスクを着用した女性が描かれた壁の前を歩く、マスク着用の男性=3月27日、香港(ロイター)

 国難である。

 中国湖北省武漢市由来の新型コロナウイルス蔓延(まんえん)の危機の真っただ中、わが国が国難に打ち勝つ鍵は、政府と国民が一体となって協力できるか否かである。政治家も国民も、かつて後藤新平が唱えたひとつの純真さに徹することができるか。百の学問よりも千の経験よりも、渾身(こんしん)の努力をする一人一人の純真さが、国難から日本を救う力となる。

 政府がいつ緊急事態を宣言するかが注目されているが、わが国の緊急事態宣言は他国と異なり、ほとんど命令ができない。要請および指示どまりの優しさ、緩さが特徴だ。わが国の国家としての建てつけは政府が命令し、国民が従う形ではない。だからこそ政府と国民の協力なしには課題は達成できないのだ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください