日本の論点

那覇 「寄り添う」やめてはどうか 沖縄めぐる政治発言の違和感

沖縄全戦没者追悼式に臨む安倍晋三首相(左)と玉城デニー知事=令和元年6月23日、沖縄県糸満市
沖縄全戦没者追悼式に臨む安倍晋三首相(左)と玉城デニー知事=令和元年6月23日、沖縄県糸満市

 沖縄県で暮らして2年、ずっと気になっていたことがある。「沖縄に寄り添う」という言葉だ。

 「沖縄の皆さんの心に寄り添いながら、一つ一つ、確実に結果を出してまいります」

 安倍晋三首相は昨年10月の所信表明演説でこう述べた。ただし、この年1月に首相が行った施政方針演説では、それまであった「沖縄の方々の気持ちに寄り添い、基地負担の軽減に全力を尽くします」という表現が抜け落ちていた。沖縄地元メディアや野党から批判を浴びたこともあってか、首相は再び「沖縄に寄り添う」ことになった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください