解読

文明が招いた「コロナの世紀」 ウイルスと人類、果てなき戦い 科学部長・長内洋介

 世界で猛威を振るう新型コロナウイルス。目に見えない敵との戦いが終息する見通しは立っていない。なぜこのような危機が訪れたのか。背景には太古から続く人類とウイルスの果てなき戦いと、加速する文明の進歩がある。

                   

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスは瞬く間に世界へ広がった。パンデミック(世界的大流行)への過程を読み解く最初の鍵は、野生動物との関わりだ。

コウモリから

 新型ウイルスの起源はコウモリとみられている。ウイルスのゲノム(全遺伝情報)を解析した結果、コウモリが持つコロナウイルスの塩基配列と96%が一致した。漢方薬の原料にもなる希少な哺乳類のセンザンコウを介して人に感染した可能性もあるが、本来の居場所はコウモリだった可能性が高い。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください