日本の論点

長野 住民と歩む飯綱町議会の改革 町民ら「政策サポーター」に

長野県飯綱町議会の「政策サポーター」制度で、「協働のまちづくり」について協議するメンバー (同町議会事務局提供)
長野県飯綱町議会の「政策サポーター」制度で、「協働のまちづくり」について協議するメンバー (同町議会事務局提供)

 地域が抱える多くの課題は、人口規模や地理的諸条件などにより表れ方がそれぞれに異なるため、地方自治体は、住民本位の姿勢を貫き、最適な政策を遂行する力が問われている。

 それには、二元代表制を敷いている以上、執行機関である独任制の首長と、多様な意見を包摂している地方議会との緊張関係が求められる。気がかりなのは、全国でどれほどの地方議会が、そうした役割を担えているのかだ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください