加藤達也の虎穴に入らずんば

2度の巣ごもり 金正恩氏の思うこと

朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第4回拡大会議に参加した金正恩党委員長。日時は不明。朝鮮中央通信が5月24日報じた(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第4回拡大会議に参加した金正恩党委員長。日時は不明。朝鮮中央通信が5月24日報じた(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 新型コロナウイルスの感染状況について感染ゼロを主張している北朝鮮で今年、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の動静を伝える公式報道が2度にわたって約3週間ずつ、途絶える事態があった。公開活動は5月24日までにわずか18回。新型コロナウイルス感染への不安感があるものとみられる。

 米韓との交渉も動かず経済、安保の果実も得ていないうえ、新型コロナは正恩氏の経済戦略だったグローバルサプライチェーンの中で人材技能や武器を売り、日用品と精密部材を買う仕組みも砕く。北朝鮮は経済、安保、コロナの3つの閉塞(へいそく)感の中にいる。