加藤達也の虎穴に入らずんば

米中対立 情報戦 日本の苦い過去

中国国章の前にたなびく米国国旗=北京(AP)
中国国章の前にたなびく米国国旗=北京(AP)

 米中対立の激化が安全保障や軍事にも及んでいる。危機ともいえる事態に、日本では米国との同盟関係を一層強化すべきだとの認識が強まり、対中警戒も高くなっている。中国当局の報復もあり得る中で、産業界には先端技術メーカーを中心に中国と距離を置く動きが出ている。対米協調を受けた政府の働きかけが背景にあるが、当然といえる。

 中国は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を自分のものだと主張して領海や接続水域への侵入を繰り返すようになった。日本としても、力で国際秩序を踏みにじる行動は受け入れられない。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください