美しき勁き国へ

櫻井よしこ 菅首相を待つ中国の「わな」

(左から)菅義偉首相、中国の習近平国家主席
(左から)菅義偉首相、中国の習近平国家主席

 国際社会は米国一強から、価値観を共有する国々の連携の時代に入った。中国の膨張抑止のために価値観を軸に諸国が共同で国際秩序を守るその主戦場はインド・太平洋だ。中でも焦点は日中関係だ。歴史の大展開の中で地政学上重要な位置にある日本の行動次第で米中関係も大きく影響される。わが国の役割の過小評価は禁物で、自由世界のために日本が引き受けるべき大きな責任から逃れてはならない。

 助け合うべき相手は米欧であり、中・長期的な脅威は中国だ。中国は大事にすべき隣国ではあるが、彼らは人類史上類例のない長期的・組織的弾圧でウイグル人など少数民族を抹殺中だ。四面楚歌(そか)は身から出たさびであろう。