日曜講座 少子高齢時代

「終電」繰り上げ 都市圏の郊外拡大は終焉か 客員論説委員・河合雅司

保線時間確保の狙いも

 新型コロナウイルス禍で公共交通機関が縮み始めた。といっても需要減に伴う運休といった一時的な措置のことではない。

 鉄道の終電時間繰り上げや、格安航空会社(LCC)の撤退といった恒常的な縮小だ。

 これまで利便性を高めるべく運行本数を増やしてきたが、コロナ禍でやむなく方向転換した印象である。

 終電時間の繰り上げはJR西日本が「コロナ前」から検討を表明していた。コロナ禍にあってJR東日本や大手私鉄も迫られた形だ。