緯度経度

異様な平壌を育てたもの 黒田勝弘

10日未明に平壌で行われた軍事パレードに登場した新型大陸間弾道ミサイル。10日付の北朝鮮の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)
10日未明に平壌で行われた軍事パレードに登場した新型大陸間弾道ミサイル。10日付の北朝鮮の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)

 先ごろ北朝鮮の平壌で展開された軍事パレードは限りなく異様なものだった。深夜に一糸みだれぬ緊張し切った武装兵士の絶え間ない行進、超大型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)や多連装ロケット砲など最新兵器の登場、着飾った数万の観衆の熱狂…今の世界であれほど派手な軍事パレードをやる国は北朝鮮しかないといっていい。中国も顔負けである。

 しかも北朝鮮は核保有を宣言している。核弾頭搭載可能なICBMを保有する国は、大国の米露中以外では北朝鮮だけということになる。

 その一方で、北朝鮮は経済難で食糧や医薬品などいまなお国際的な支援の対象になっている。とくにお隣の韓国政府などは北朝鮮に対する人道支援や経済協力の話ばかりしている。