沖縄考

表向きは反辺野古「オール沖縄」の欺瞞 那覇支局長・川瀬弘至

屋良栄作さん
屋良栄作さん

 沖縄本土復帰の3年前、昭和44年5月に生まれた。名は、復帰に政治生命をかけた首相、佐藤栄作氏にあやかってつけられた。姓は、復帰後の初代県知事、屋良朝苗(やら・ちょうびょう)氏と同じだが親族ではない。

 「名前負けしているよ」と、屋良栄作さん(51)は苦笑いする。

 高校生の頃から政治の道を志したのは、やはり名前の影響だろう。早稲田大に進学し、5人の首相を輩出した雄弁会に在籍。卒業後は沖縄に戻り、平成8年の那覇市議補選に当時最年少で当選した。