知論考論

「日本は使えるカード」 米にアピール図る韓国

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が年頭記者会見で日韓慰安婦合意を「公式合意」と認め、日本側に接近する姿勢をみせた。米国の新政権誕生を受けて日韓を取り巻く情勢が流動化しそうだ。韓国が変化した真相は何か、米国や中国は日韓関係にどう関与するのか。木村幹・神戸大大学院教授と中西寛・京都大大学院教授に聞いた。

関係改善意思の背景に米の政権交代 木村幹氏

 文大統領が、今年の年頭会見でこれまで積極的な言及を避けてきた日韓関係について発言したのは、対日外交の優先順位が上がったことを意味する。任期残り1年となって初めて、関係改善への意思が見られたのは驚きだった。背景にあるのは、米国の政権交代だ。

 バイデン政権が安全保障上の障壁として日韓対立を問題視し、改善を求めるとの観測がある。2015年の日韓慰安婦合意ではオバマ政権の副大統領だったバイデン氏が日韓を仲介し、韓国は日本に大幅な譲歩を迫られた。