日曜講座 少子高齢時代

高齢者の労働環境悪化 コロナ禍で「引退」が加速か

就業者14万人しか増えず

 コロナ禍が、高齢者の労働参加にブレーキをかけはじめている。

 総務省の労働力調査(基本集計)によれば、2020年の平均で就業者数は6676万人となった。前年と比べて48万人の減少だ。