から(韓)くに便り

黒田勝弘 日本の影響力を痛感した文政権

韓国・京畿道平沢の海軍基地で演説する文在寅大統領=26日(聯合=共同)
韓国・京畿道平沢の海軍基地で演説する文在寅大統領=26日(聯合=共同)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権がこれまでの反日イメージとは一変し、日本との関係改善に積極的な姿勢を示している。その背景としては、日本でも韓国でも、米国でバイデン政権が誕生したことがもっぱら指摘されている。トランプ前政権と違って同盟重視の外交が予想され、日米韓協力体制の強化が求められるため、いわば米国向けに「韓国は日本との関係を重視していますよ」とアピールしているというわけだ。

 つまりバイデン政権と親しくするという対米関係上、日本との関係改善は不可避ということだ。これは当然、米国側から求められていることでもあるので、韓国の対日接近の意図としては間違いないところだろう。