日本の論点

愛媛 「柑橘(かんきつ)はもうかる」復活へ知恵

 今年3月発表の平成30年産柑橘(かんきつ)類の収穫量(温州みかんと、いよかんなど1~5月に収穫される中晩(ちゅうばん)柑類の総計)で、統計開始から全国1位を44年間守り続けてきた愛媛県が和歌山県に首位の座を譲った。平成30年7月の西日本豪雨による園地崩落などの被害が大きく影響した。

 令和元年産温州みかんの愛媛県の収穫量は12万5400トン(前年産11万3500トン)と増えており、柑橘類総計で首位に返り咲く可能性はあるが、愛媛の現状からは農家の高齢化、後継者難など日本の農業をとりまく課題も浮かび上がる。