ソフトバンク苦い船出 株価、期待を大きく割り込む

Messenger

売り出しから大きく値を下げたソフトバンクの株価を示す株価ボード=19日、東京都新宿区(荻窪佳撮影)

売り出しから大きく値を下げたソフトバンクの株価を示す株価ボード=19日、東京都新宿区(荻窪佳撮影)

 携帯電話大手ソフトバンクが東京証券取引所に上場した。孫正義氏が率いる親会社のソフトバンクグループ(SBG)は、巨額の資金を得て多角化や投資会社化を強める。ただ、肝心の携帯事業は政府からの値下げ圧力や楽天参入の激動期にさらされる。平成最後といわれる大型上場は株価が当初の期待を大きく割り込み、苦い船出となった。

 そもそも、ソフトバンクの先行きは上場前から怪しかった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください