コンビニ店主悲鳴 人手不足とバイト時給アップで年収200万円台も

ビジネス解読
Messenger

さまざまな業種でのアルバイト時給の上昇はコンビニ店の経営にとっては逆風だ

さまざまな業種でのアルバイト時給の上昇はコンビニ店の経営にとっては逆風だ

 全国的な人手不足が深刻さを増す中、コンビニエンスストアの店主から悲鳴が上がっている。365日24時間営業で人手がかかるコンビニ業界にとって、人手不足を背景にした人件費の上昇は大きな打撃。コンビニ業界でもアルバイトの時給上昇が進んでおり、コンビニ店の経営を圧迫している。コンビニ業界は外国人労働者に目を向けるなどして人材確保に懸命だが、長期的な見通しは不透明。国民生活のインフラともいえるコンビニの店舗網が揺らぎ始めている。

時給上げたくても…

 「人手不足だという感覚は強まっている。時給を上げて募集をかけようにも今の経営状態では難しい」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください