本庶佑氏と小野薬品、隔たり浮き彫り 産学連携、重い課題

 京都大の本庶佑特別教授側が、免疫治療薬「オプジーボ」に関して小野薬品工業と結んだ特許契約の対価が不十分で交渉が途絶えているとしたのに対し、小野薬品は10日、「本庶先生とは現在も交渉を継続している」との認識を示し、見解の隔たりが明らかになった。「画期的新薬」の対価をめぐる両者の対立は、産業促進の鍵とされる産学連携の課題も浮き彫りにした。

「本庶氏の提示する金額とは…」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください