日曜経済講座

郵政民営化、外枠完了も先行き不透明 制度設計の再検証を

平成19年10月1日の郵政民営化で誕生した日本郵政グループの発足式=東京・霞が関
平成19年10月1日の郵政民営化で誕生した日本郵政グループの発足式=東京・霞が関

 政府が今秋にも日本郵政株を追加売却することを決めた。これによって政府の保有比率は郵政民営化法が定める下限の「3分の1超」まで低下する見通しだ。郵政民営化の外枠が完了することになるが、日本郵政は、いまだ成長戦略を描けないままで、先行きには不透明感が漂う。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください