日曜経済講座

令和こそは経済政策の王道回帰 首相は堂々と増税凍結宣言を 編集委員・田村秀男

 「令和」時代が始まった。「平成」のゼロ%台の超低経済成長モードを変えたいが、下手な秘策なぞ無用。経済政策の王道に回帰すればよいだけだ。

 平成の経済政策は非常識がマンネリ化していた。代表例はデフレ圧力下での消費税増税である。平成9年度、バブル崩壊後遺症のために、連続2年で国内総生産(GDP)デフレーター(実体経済全体のインフレ率)が2年連続でマイナスだったのに、橋本龍太郎政権は消費税率を3%から5%に引き上げ、家計に負担を強いた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください