G20

海洋プラごみ「国際枠組み」途上国巻き込めるか

20カ国・地域(G20)エネルギー・地球環境分野の閣僚会議が開幕し、セッションの冒頭で発言する世耕弘成経済産業相(前列左)=15日午前、長野県軽井沢町
20カ国・地域(G20)エネルギー・地球環境分野の閣僚会議が開幕し、セッションの冒頭で発言する世耕弘成経済産業相(前列左)=15日午前、長野県軽井沢町

 世界的な関心が高まるプラスチックごみによる海洋汚染問題について、初めて途上国まで含めた国際議論が始まった。先進国だけの取り組みでは解決しないプラごみ問題。15日開幕した20カ国・地域(G20)エネルギー・地球環境分野の閣僚会議で日本が提案したG20各国の自主対策を報告・共有する国際枠組みは、途上国をプラごみ削減対策の輪に引き込み、流出防止策につなげる狙いだ。(佐久間修志)

 「世界の海洋プラスチックごみ問題の解決に向け、具体的な行動を大きく前進させよう」

 原田義昭環境相は会議でこう訴えた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください