日曜経済講座

農林水産物の輸出拡大 1兆円超えへ再加速を図れ

 近所の量販店の特設コーナーで、欧州産のワインやチーズがずらりと並ぶ光景をよく見かける。価格が手ごろでおいしいから、つい手を伸ばしてしまう。ささやかながら筆者の週末の楽しみである。

 2月に欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)が発効し、関税が撤廃・削減された恩恵である。同様の満足感は欧州の消費者にも出てくるだろうか。欧州も質の高い日本の農林水産物を手に入れやすくなったからである。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください