ビジネスの裏側

「江戸川」台湾進出 最大うなぎ料理チェーンへ 

 関西の鉄道各社が台湾でのビジネスを積極的に進めている。台湾からの年間訪日客数は475万人(平成30年)と、台湾人口の5分の1に相当する規模にまで伸長した。日本の食事や芸能文化に親しむ消費者層に厚みが増しており、商機を一段と得やすくなったとみている。(黒川信雄)

日本の味楽しみたい

 台北市中心部の繁華街。活気あふれるエリアの一角に「江戸川」と書かれたのれんが4月にあがった。大阪・ミナミの地下街「なんばウォーク」やキタの「阪急三番街」など関西を中心に10店ある「江戸川」の台北支店だ。近鉄グループの飲食店として初の海外出店。定番メニューは日本と同じ「おひつまぶし」だ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください