日曜経済講座

編集委員 田村秀男 相次ぐ無差別大量殺人事件に思う 元凶は慢性デフレにあり

平成26年4月の消費税増税時には、直前の駆け込み需要を当て込んだ販促キャンペーンも行われた=東京都港区
平成26年4月の消費税増税時には、直前の駆け込み需要を当て込んだ販促キャンペーンも行われた=東京都港区

 先の参院選の争点にならなかった「令和」最大の課題がある。「デフレからの脱却」だ。

 それを思い起こさせたのは、5月の川崎市・登戸の路上、そして7月18日、京都市のアニメ製作スタジオで起きた悲惨で不条理極まりない事件である。無差別大量殺人事件は1999年以降、これまで7件起きた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください