日曜経済講座

香港の若者なぜ戦うのか 経済覆い尽くす中国の影 フジサンケイビジネスアイ編集長・山本秀也

 中国本土への容疑者移送を可能にする香港の「逃亡犯条例」改正案をめぐり、現地の抗議活動が収まらない。英領時代に「エコノミックアニマル」とまで評された経済至上の風土の中で、若年層を中心に政治意識がここまで高まった背景はなにか。ここでは経済の側面から香港情勢を読み解きたい。

 改正案をめぐり大規模な反対デモや抗議行動が始まって2カ月近くが過ぎた。上程過程を振り返ると、改正案は自由の侵害に敏感に反応する民主派はもちろん、親中派の基盤とされる地元経済界でも評判が悪かった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください