経済インサイド

日韓対立長期化へ 韓国が目を背ける「不都合な真実」

スイス・ジュネーブにあるWTO本部(共同)
スイス・ジュネーブにあるWTO本部(共同)

 日韓の対立が世界貿易機関(WTO)を舞台に激しさを増している。WTOが10日(日本時間11日未明)に韓国による日本製バルブへの反ダンピング(不当廉売)課税をめぐり韓国側の協定違反を認定すると、翌11日には韓国が日本の対韓輸出管理の厳格化を不当としてWTOに提訴した。このほかにも日韓は、WTOで2つの案件で係争中だ。WTOの紛争解決は最終審までもつれれば2年以上かかることが多く、対立の長期化は避けられない。

 「バルブの件で韓国は敗訴し、(WTOから)是正措置が求められている。何か新しいことを訴える前に、まずは敗訴した案件について是正措置を取ってほしい」

 世耕弘成・前経済産業相は11日の記者会見で、韓国が日本の対韓輸出管理の厳格化をめぐってWTOに提訴した件を問われると、こう答えた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

【経済インサイド】記事一覧