高論卓説

米英の深刻な内部分裂 指導力低下の一方、日本は 杉山仁氏

視察先の工場で話すトランプ米大統領=20日、テキサス州オースティン(AP=共同)
視察先の工場で話すトランプ米大統領=20日、テキサス州オースティン(AP=共同)

 世界の民主主義を支える超大国アメリカと、民主主義の祖国といわれているイギリスで、国論を分裂させるような騒動が続いている。

 アメリカでは民主党がトランプ大統領のいわゆる「ウクライナ疑惑」につき、11月に入り下院が正式に弾劾調査を決定した。これに対してトランプ大統領と共和党は、弾劾決議は民主党の根も葉もない言い掛かりで、「魔女狩り」と同じだと強く反発している。

 民主党は2016年の大統領選挙の際に、ロシアによる選挙干渉があったとして、トランプ大統領を追及したが、その証拠はついに発見できなかった。共和党は、今回の弾劾も民主党によるトランプ下ろし工作に過ぎないと主張している。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください