ソフトバンクG、資金集めに暗雲 一部銀行は追加融資に難色

ソフトバンクのロゴ
ソフトバンクのロゴ

 ソフトバンクグループ(SBG)の資金調達に暗雲が漂っている。主力取引銀行のみずほ銀行などは3千億円規模の融資について協議しているが、一部銀行が追加融資に難色を示しているためだ。SBGは融資で得た資金を巨額損失を計上したシェアオフィス「ウィーワーク」運営の米ウィーカンパニーの再建に充てる意向。銀行側はSBG向け債権が膨らみすぎたり、事実上のウィーへの融資になったりすることを懸念しており、SBGが思惑通りに資金を集められるかは見通せない。

 SBGはウィー再建に関連して最大63億ドル(約6800億円)が必要になる可能性がある。融資の主軸となるのは主力取引行のみずほ銀で、三菱UFJ銀行や三井住友銀行を交えた協調融資が検討されている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください