解読

実体伴わない経済社会の到来 デジタル通貨が示すポスト資本主義 編集局次長兼経済本部長・船津寛

 最近、「デジタル通貨」という言葉を耳にする機会が多くなった。仮想通貨や暗号資産と呼ばれることもある。それぞれの言葉の定義はいまだ曖昧だが、これまでの「お金」の概念が大きく変わろうとしていることは確かだ。デジタル通貨がもたらす未来とはいったいどのような世界なのか。

 ◆石と電子空間

 いきなりだが、「はじめ人間ギャートルズ」というテレビアニメをご存じだろうか。1970年代に放映されていた人気番組で、その舞台は架空の原始時代。とある草原に住む家族が繰り広げる狩猟生活のドタバタ劇がストーリーの柱だったと記憶するが、今でも印象に残っているのは、マンモスの肉などとの交換の際に登場する巨大な石の貨幣の存在だ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください