日曜経済講座

「米中貿易合意」は中国危機の始まり 「脱日本」韓国の愚 編集委員・田村秀男

 米中両国は「第1段階」の貿易協定に署名したが、中国経済好転のメドは立たない。同国金融危機の元凶になりかねないのに韓国は「親中国、脱日本」に躍起となっている。「脱共産党中国」の台湾とは対照的だ。面妖な、韓国と台湾はなぜこうも方向が違うのか、中国不安のわけは後回しにして考えてみる。

 韓国も台湾も戦前は日本の一部だった。われわれ戦後世代は教育のおかげで植民地=搾取というネガティブなイメージを植え付けられてきたのだが、客観的な経済データをチェックすれば、それは行き過ぎた自虐史観でしかないことがわかる。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください