日曜経済講座

「新型ウイルス不況」にだまされるな マイナス成長、元凶は消費税増税 編集委員 田村秀男 

 日本経済は昨年10~12月の国内総生産(GDP)が前期比で大幅なマイナスに落ち込んだ。さらに中国発の新型コロナウイルスによる肺炎の直撃を受け、景気先行き警戒論が広がっているが、幻惑されてはいけない。

 景気不振の元凶は繰り返される消費税増税なのに、政府・日銀は主因を消費税増税以外に求める。その先鞭(せんべん)をつけたのは、消費税増税を安倍晋三首相に催促してきた財務省OBの黒田東彦日銀総裁である。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください