新型コロナで迫るリーマン級の危機 いまこそ大型減税を 田村秀男

慌ただしさを増すニューヨーク証券取引所=9日、ニューヨーク(ロイター)
慌ただしさを増すニューヨーク証券取引所=9日、ニューヨーク(ロイター)

 中国・武漢市発の新型コロナウイルス禍は、ニューヨークを中心とする世界の株式市場に伝播。2008年9月のリーマンショックの悪夢が蘇る。消費税増税のために衰弱した日本経済は米国や中国よりもはるかに深刻な打撃を受けかねない。安倍晋三政権は消費税の大型減税を柱とする財政と金融を総動員し、リーマン級危機の国内波及を防ぐべきだ。

 ■移動が止まれば景気が悪くなる…

 カネが行き渡らなくなった実物経済が長期にわたって半死状態になるのは、1930年代の大恐慌時代の教訓である。以来、金融危機が起こるたびに、主要国の中央銀行は資金を大量発行し、不況を最小限にとどめてきたのだが、目下進行中の新型コロナウイルス感染拡大による経済へのショックにその手が使えるかどうか疑わしい。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください