5G普及へ課題はエリア 携帯大手が基地局前倒し合戦、設備共用もカギに

「au 5G」26日から提供開始。5Gスマホ発表。新しい6機種を展示=23日、東京・虎ノ門(酒巻俊介撮影)
「au 5G」26日から提供開始。5Gスマホ発表。新しい6機種を展示=23日、東京・虎ノ門(酒巻俊介撮影)

 携帯大手3社の第5世代(5G)移動通信システムは、サービスエリアが当初は極めて限定的で、多くの人が性能を実感するには時間がかかりそうだ。5Gは利用する電波が遠くまで飛びにくく、基地局の数をいかに迅速に増やして通信エリアを広げるかが課題となる。各社は政策の後押しを受けて基地局の整備計画を前倒しするが、コスト削減のための設備共用の機運も高まっている。

 「基地局をしっかり整備して5Gを全国に届かせていきたい」。23日の会見でKDDI(au)の高橋誠社長は意気込みを語った。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください