論点 NHK同時配信

「公共部分を税金で運営」「民放と連携せよ」「放送法は時代遅れ」

(左から)小山和伸教授、経済評論家の上念司氏、中村伊知哉教授
(左から)小山和伸教授、経済評論家の上念司氏、中村伊知哉教授

 NHKが本格的にインターネットの世界に進出した。テレビ番組を放送と同時にインターネットでも見られる「常時同時配信」などを楽しめる新サービス「NHKプラス」が4月1日から正式スタートする。利用申し込みは20万件を超えている。放送と通信の融合時代を象徴する取り組みだが、巨大組織がネットでの存在感を高めることに厳しい意見もある。公共放送からネットも含めた公共メディアを目指すNHKをどう改革すべきか。将来のあるべき姿とは。識者に意見を聞いた。(聞き手 森本昌彦)

 ■「あり得ぬ巨額資産、分割民営化せよ」 経済評論家の上念司氏

 NHKの純資産(平成30年度末)は、単体決算で7666億円、連結決算では8646億円に上っている。民間企業でいうと、三菱自動車や出光興産に近い規模だ。公共放送は金をもうける必要はないわけで、あり得ない数字だ。

 これだけの資産をため込みながら、一部で「荒っぽい」との指摘を受けるような手法で受信料徴収を行っている。国民感情として許されない。

 使っていない金があるなら、国民・視聴者に返すべきだ。そのうえで、金がないなりに運営し、どれぐらい足りないのか理由も付けて説明する必要がある。NHKはこうした説明責任を怠っている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください