電力競争新時代

(下)25年で進んだ自由化 次は技術革新

記者会見を終え、握手を交わす豊田章男トヨタ社長(左)と澤田純NTT社長=3月24日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ(酒巻俊介撮影)
記者会見を終え、握手を交わす豊田章男トヨタ社長(左)と澤田純NTT社長=3月24日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ(酒巻俊介撮影)

 「『大手電力会社』対『新電力』という構図は古いものになる。これからは異業種が連携して、技術革新を起こしていくという新しい競争が始まるだろう」。長年、エネルギー政策の立案に携わった日下部聡・前資源エネルギー庁長官(現三菱電機常務執行役)はこう指摘し、その事例の一つとして、「スマートシティー」を挙げる。先端技術やインターネットでインフラを効率的に管理し、生活の質を高めようとする新しい都市のことだ。

 折しも、年明けにトヨタ自動車が、電気自動車(EV)やロボットの活用を視野に入れた「コネクティッド・シティ」を静岡県裾野市に建設すると発表した。約70万平方メートルの範囲に新たな街をつくり、トヨタの社員らが実際に住む。着工は来年初頭の予定だ。そして、トヨタはスマートシティーでの協業を念頭に、札幌市などで実証実験を重ねてきたNTTとの資本提携に踏み切った。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください