「マスク不足」背景に 花粉症対策商品が思わぬ売れ行き

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、花粉症対策商品が想定以上の売り上げを記録している。花粉症に悩む人にとって必需品のマスクの欠品が続き、目薬や鼻うがい薬、花粉カット眼鏡などが代替策として注目されているからだ。今年は花粉シーズンが例年より早く始まったこともあり、前年同期比2倍以上のヒットとなった商品も出ている。(岡本祐大)

目からの侵入防ぐ

 「新型コロナで騒ぎになってからマスクが買えない。何度も洗って使いまわしている」

 目のかゆみと鼻水に苦しむ男性会社員(33)はこうこぼし、花粉症患者にとって欠かせないマスク不足の長期化を心配する。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください