GAFA、収益力で逆風しのぐ ネット広告「得意技」奏功

アップルの店舗=3月14日、米ニューヨーク(ロイター=共同)
アップルの店舗=3月14日、米ニューヨーク(ロイター=共同)

 新型コロナウイルスの感染拡大で景気が急失速する中、GAFAと呼ばれる米IT大手4社は、2020年1~3月期に全社が増収を確保し、持ち前の高い収益力で当面の逆風をしのいでいる。ただ、世界的な流行の収束時期は見通せず、各社とも先行きの不透明感への警戒感を強めている。(ワシントン 塩原永久)

通販やSNSに特需

 アマゾン・コムはネット通販の「巣ごもり」需要が高まった3月以降、配送業務強化のため約17万5千人を採用した。主力の北米事業は29%の増収。外出制限で買い物客が減り、人員削減の動きが出る米百貨店大手とは対照的だ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください