ビジネス解読

揺らぐ「クスリの安全保障」 医薬品生産で高まる中国依存 新型コロナ機に警戒感高まる

米議会調査局は医療における中国依存がもたらす危機に警鐘を鳴らした(ロイター)
米議会調査局は医療における中国依存がもたらす危機に警鐘を鳴らした(ロイター)

 新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、医薬品分野での過剰な中国依存の危険性への関心が急速に高まっている。中国は医薬品製造に不可欠な原薬(有効成分)などの生産の多くを担っており、中国が将来的に意図的な輸出制限に踏み切るリスクが意識されているためだ。中国が要因のひとつとなった医薬品のサプライチェーン(供給網)の寸断は、新型コロナの感染拡大前にも現実のものになったことがある。世界を揺るがす感染症がもたらした未曾有の危機は「クスリの安全保障」という新たな課題を各国につきつけている。

 「感染拡大のピークを越えたとみられる中国政府が政治的な計算に基づき、海外の特定の国だけに医療品を供給するかもしれない」

 米議会調査局は4月6日に公表した中国の医療サプライチェーンに関する報告書の中で、医療における中国依存がもたらす危機に警鐘を鳴らした。

 報告書によると、中国は鎮痛剤や糖尿病薬などの原薬の分野で世界一の供給国だ。米国は抗生物質のペニシリンの輸入(金額ベース)の52%を中国に頼り、テトラサイクリンでは90%を中国に依存する。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください