コロナ 知は語る

多極への過渡期に不安定化 元財務官・篠原尚之氏

元財務官の篠原尚之氏=東京都千代田区(林修太郎撮影)
元財務官の篠原尚之氏=東京都千代田区(林修太郎撮影)

出口戦略 格差拡大への視点必要

 リーマン・ショック前後に財務省の国際部門トップである財務官として財政・金融政策の国際協調に向けた折衝の陣頭指揮を執り、国際通貨基金(IMF)副専務理事も務めた篠原尚之氏は、新型コロナウイルスによる混乱は世界経済の悪化で金融危機に飛び火しかねないと警鐘を鳴らす。

 中国が政治的思惑

 --世界経済の動向をどう見るか

 「中国など一度は感染を押さえ込んだ国で再拡大する“第2波”のリスクが明らかになってきたことや新興国の景気悪化は想定よりも進んでいる」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください