論点直言 現代貨幣理論

MMTはコロナ禍の日本経済を救うか 小浜逸郎/小黒一正

 コロナ禍で政府の財政出動が拡大していることで、財政赤字の拡大を容認する「MMT」(現代貨幣理論)が注目されている。最近では長引くデフレで日本銀行(日銀)の金融政策に絡めて論じられることもある。ただ、一方で財政悪化、さらには国家の経済破綻を危惧する声も少なくない。果たしてMMTは亡国の劇薬か、それともコロナ危機における経済理論の救世主か。賛否それぞれの立場から、2人の有識者が寄稿した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください