安倍政権を振り返る

経済 小黒一正氏「コロナと経済両立、明確に」 木内登英氏「財政転換を期待」

小黒一正・法政大学教授
小黒一正・法政大学教授

 安倍晋三政権は、金融緩和、財政出動、成長戦略の「三本の矢」を柱とした大胆な経済政策で、デフレ脱却と歴史的な円高是正を目指した。長期の景気拡大につながった一方で副作用も大きかったと指摘される。安倍政権の経済政策「アベノミクス」を振り返り、次期政権の課題を2人の識者に聞いた。

「コロナと経済、両立戦略明確に」 法政大教授・小黒一正氏

 アベノミクスの成果の一つは、株価と為替の水準の正常化だ。日本銀行の「異次元の金融緩和」というショック療法が効いた。ただ、2%の物価上昇目標は今も達成できていない。壮大な実験の結果、金融緩和による物価上昇がいかに難しいかが露呈した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください