ビジネス解読

米中ハイテク覇権争いに挑む トヨタの“秘蔵っ子”

トヨタ自動車の豊田章男社長。次世代都市のソフト事業に私財を投じる決断をした
トヨタ自動車の豊田章男社長。次世代都市のソフト事業に私財を投じる決断をした

 米国と中国のハイテク覇権争いが激しさを増している。グーグルやアマゾンなど米巨大IT企業と、アリババ、華為技術(ファーウェイ)といった急成長の中国IT大手が、データをめぐる市場支配力を競う構図だ。安全保障も絡んで米中が激突する中、日本のIT企業の存在感は薄いが、意外な「第三極」の芽が見えてきた。トヨタ自動車の“秘蔵っ子”だ。

 かつての27人から9人にスリム化され、社外分を除くと6席しかないトヨタの取締役ポストに6月、自動車ビジネスの経験のない異色の経歴の外国人が就任した。先進技術開発を統括するジェームス・カフナー氏(49)だ。

 カフナー氏は、米スタンフォード大でコンピュータ科学ロボティクス研究所博士号を取得。カーネギー・メロン大准教授などを経てグーグルに入社し、自動運転やロボットの技術開発を主導した人物。2016年にトヨタに招かれ、人工知能(AI)研究などを手がけてわずか約4年での最高経営メンバーへの抜擢(ばってき)だ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください