新政権の課題

(下)国民目線のスガノミクス 剛腕期待も重い足かせ   

就任後初の記者会見に臨む、菅義偉首相=16日午後、首相官邸(松本健吾撮影)
就任後初の記者会見に臨む、菅義偉首相=16日午後、首相官邸(松本健吾撮影)

 「アベノミクスを継承し、一層の改革を進める」

 16日の就任後の記者会見で菅義偉(すが・よしひで)新首相は、安倍晋三前政権の経済政策「アベノミクス」を継承しつつ、新型コロナウイルス感染症で傷んだ日本経済の立て直しに取り組むことを改めて宣言した。

 菅首相は新内閣を「国民のために働く内閣」と銘打った。官房長官時代に主導した携帯電話料金引き下げや新型コロナで傷ついた観光業界支援策としての「Go To トラベル」なども国民の実感に重きを置いた政策だ。総務相時代には国民生活に直結する地方経済を支援する、ふるさと納税を打ち出した。